SEO効果があるサテライトサイトを作る3つのポイント 「絞る」「広げる」「ずらす」

本体サイトの一部のコンテンツ(テーマ)に絞って、サテライトサイト制作

一部のコンテンツの深堀りをしていき、そのコンテンツに特化した、本体サイトよりも専門的なサイトを制作します。ユーザーに支持されアクセスが集まるようになれば、今までよりも確度の高いユーザーを本体サイトに誘導できるかもしれません。

注意点は本体サイトにリンクを貼るところで、関連性が最も高そうなページにリンクさせてください。相互リンクもありだと思います。本体サイトのコンテンツを詳細にしたものなので、関連性については困るようなことはないと思います。

本体サイトのテーマを広げて、サテライトサイト制作

今度は逆に、本体サイトのテーマを広げていきます。「リスティング広告のキーワード」と「SEO対策キーワード」の差分がヒントになりそうです。リスティング広告ではSEOで対策できていないキーワードを幅広く入札していると思いますが、これと同じ考え方で、本体サイトのテーマを含むサイトを制作していきます。

例えば、著者の例で言うと、現在勤めている会社は“マーケティング業界”の中の“マーケティングリサーチ”の会社ですが、「マーケティング」をテーマとしてサテライトサイトを作るということになります。

注意点はテーマをあまり広げすぎないことです。本体サイトとの関連性が薄くなります。このやり方の特徴は元のテーマを広げているので、本体サイトのTOPにリンクさせやすいところです。

本体サイトのテーマをずらして、サテライトサイト制作

本体サイトのテーマを無視するのではなく、一定の関連性を担保しつつスピンオフさせたようなイメージです。他の2つと比べて、関連性が薄くなりがちですが、その分ある程度テーマの自由が利くので、ユーザーが喜ぶコンテンツ作りを意識しましょう。

 

本当のサテライトサイトの価値

サテライトサイトはそれ単体でも価値があると、自分で自信が持てるものを

サテライトサイトの価値は、本体サイトへのリンクだけでなく、それこそSEOを補完するリスティング広告のように、本体サイトでカバーできなかった“潜在顧客”を別の方向から集客するという目的で作成・運用しましょう。

このように作られたサイトにはアクセスが集まり、ユーザーから支持され、リンクとしての価値も出てくるはずです。

「1,000のサイトを作るより、1つのサイトを作り込む」

本体サイトと同じように手をかけないといけないので、実施するかは非常に悩ましいところですが、そのくらい本気で取り組まないと、まず成功しません。